現役エステティシャンがビューティーオープナーの使い方を伝授します!

現役エステティシャンがビューティーオープナーの効果的な使い方を伝授!

 

数ある卵殻膜スキンケアの中で人気を博している「ビューティーオープナー」。

 

人気の秘密は、数回の使用でも効果を実感している人が多いから。それもそのはず、国内最高峰の研究者が開発した卵殻膜エキスが95%も高配合で入っている美容液だからです。

 

ただ、美容液という名前になっているので、一般の美容液と同じような使い方をしてしまっている人も少なくありません。
ビューティーオープナーは美容液なのですが、使い方が一般のとは違います。

 

現役エステティシャンが実際に使ってみて、効果的な使い方を習得したので、その方法をお教えしますね。

 

メーカーが推奨するビューティーオープナーの基本的な使い方

 

これはビューティーオープナーに付いてきた冊子です。
ここにもあるように、1~3滴を洗顔後すぐのお肌にビューティーオープナーを浸透させるのが基本的な使い方です。

 

「洗顔後すぐ!」というところが一般の美容液と違うところです。

 

1~3滴は1円玉硬化より大きめ

正直、1滴で顔全体に広げることは難しいです。ビューティーオープナーをスポット的に使うなら1滴で良いですが、卵殻膜エキスの効果をより実感したいなら1滴では少なすぎます。
3滴ほど垂らすと少し大きめの1円玉硬化ぐらいになります。

 

洗顔後すぐは3分以内のこと

洗顔後すぐと言っても、人によって時間の捉え方は違います。夜の洗顔後となるとお風呂上りの人が多いと思いますが、お風呂から上がって体を拭いてドライヤーで髪を乾かしてから使うと遅すぎます。

 

お風呂から出るとお肌は急激に乾燥してしまうので、お風呂から上がって体を拭いた後すぐに塗るようにして下さい。
そうすることで、後から塗る化粧水や乳液などの浸透率をより上げることができます。

 

現役エステティシャンがおススメするより効果的なビューティーオープナーの使い方

ビューティーオープナーの効果的な使い方をご紹介しましょう。

 

手の平より手の甲に

ビューティーオープナーを手の平に垂らしている画像をよく見かけますが、筆者としては手の甲に垂らす方がおススメです。

 

手の平に垂らすのももちろん構いませんが、手の甲に垂らすことで手もエイジングケアすることができます。

 

人の目に付きやすいのは、手の平より手の甲ですよね。
手は顔よりも年齢が現れると言われています。

 

手の甲にビューティーオープナーを毎日垂らすことで、手の甲にもハリが出てきます。
利き手の関係でどちらかの手の甲だけに垂らしていると、左右の手に驚くほどの違いが出てきます。

 

少し難しいかもしれませんが、好ましいのは左右どちらの手の甲にも順番に垂らしてあげること。
ビューティーオープナーで顔と手のエイジングケアができ、一石二鳥ですよ。

 

 

こんな感じで手の甲に垂らします。

 

ビューティーオープナーを垂らしている方の右手。
分かりやすいように右手ばかりに垂らしました。(筆者は左利きです)

 

 

分かりにくいかもしれませんが、ビューティーオープナーを垂らしている右手の方はシワがなくハリがあるように見えますよね。

 

 

気になるところには直接垂らす

ビューティーオープナーを愛用している上級者は、気になるところには重ねづけをしています。
重ねづけをする時は、顔に直接垂らすのもポイント。
気になるところに直接垂らすことにより、ビューティーオープナーの効果を1滴も無駄にしないということです。

 

分量はその都度調節すること

いつも決まった量を塗るのは、お肌のことを気にかけていないということです。
お肌は毎日変化します。特に女性は、ホルモンの周期によってお肌が潤う時期と乾燥する時期が必ずあります。

 

上級者は、お肌の状態を良く見ながら、分量を調節しています。
季節の変わり目や秋冬など乾燥しやすい時期とホルモン周期での乾燥が重なった時などは、いつもの量よりも2~3倍の量を塗っても多すぎることはありませんよ。

その後のスキンケアの成分に注意する

ビューティーオープナーは導入美容液で、その後のスキンケアの浸透率を上げることができるということは、スキンケアの成分には充分注意をしなければならないということです。

 

効果のある成分と同時に、防腐剤や鉱油物、アルコールなどのように、お肌にとって良くないものも入れてしまうからです。

 

ビューティーオープナーのメーカーである株式会社オージオさんからスキンケア製品も出ているので、同メーカーで揃えるのがベストです。

 

 

愛用している他メーカーのスキンケア製品を使いたい場合は、成分表は確認するようにして下さいね。
シリーズで使った方が、お肌内の水分量が上がることが、分かっています。

 

前に塗る

ビューティーオープナーをパックの前に塗るのも、ワンランク上の使い方です。
ビューティーオープナーは導入美容液なので、その後のスキンケアの浸透率を上げることができます。

 

なので、エイジングケアや美白ケアができるパックの前に、ビューティーオープナーを塗ってあげると、いつも以上に効果を上げることができますよ。

 

毎日使うこと

ビューティーオープナーは一般の美容液のようなスペシャルケアの位置づけではありません。
毎日使うスキンケアに組み込んでいくことになりますので、毎日継続しないと意味がありません。

 

即効性はありますが、お肌の奥からの改善を目的にしているので、少なくともターンオーバーの周期ぐらいは続ける必要があります。

 

ターンオーバーの正常周期は28日ですが、ほとんどの人はこれより遅くなっているので、2~3か月は続けていくことをおススメします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。話題のビューティーオープナーを使うなら、その効果を最大限に発揮できるような使い方をして下さい。

 

数回の使用で効果を実感することができると思います。
ただ、実感したからとすぐに止めることはせず、継続して使い続けることも大切です。

 

肌トラブルを改善するには時間はかかるもので、見た目は改善できたように思えても、お肌の奥はまだまだということもあります。毎日のスキンケアにビューティーオープナーを加えて、より美しい肌を目指しましょう。

page top