ビューティーオープナーでいちご鼻が治った?!エステティシャンの分析結果!

ビューティーオープナーでいちご鼻が治った?!現役エステティシャンの解析結果!

 

頬のたるみやほうれい線を気にしてエイジングケアをしている人も多くいますが、それと同じぐらい気にして欲しいのが毛穴ケア。

 

なぜなら、どれだけ肌に弾力やハリがあったとしても、毛穴が開いて黒ずみがある状態では、その人の肌は綺麗とは言い難いからです。

 

毛穴ケアの中でも特に気にして欲しいのが鼻。
見た目の印象は鼻で決まる!と言っても過言ではないぐらい、鼻が綺麗だと見た目印象がガラっと変わるのですよ。

 

そこで、ご紹介したいのが次世代のエイジングケア成分として注目を浴びている卵殻膜エキス配合のビューティーオープナー。

 

肌の弾力やハリを蘇らせてくれる!と話題になっていますが、毛穴トラブルにも効果があるようです。

 

では、毛穴トラブルの中でも、最も治すのが難しいとされる「いちご鼻」にはどうなのでしょうか。
諦めていた「いちご鼻」もビューティーオープナーなら解決できるかもしれませんよ。

 

見た目の印象は鼻で変わる?

頬のたるみやほうれい線ケアは入念に行っているのに、鼻についてはあまり気にしていなかった!という人も多いのではないでしょうか。

 

意外にも人から見られている箇所は頬のたるみやほうれい線よりも、鼻なのですよ。

 

目の次に見るのが鼻!

初対面の人に出会った時に、最初に「目」を見る人が殆どです。

 

顔の中で最初に見るのは、肌や唇よりも、まずは目。
「目は口程に物を言う」ということわざがあるように、目の印象でその人のイメージを作り上げてしまうのです。

 

なので、女性は特にアイメイクに力を入れて、印象を良くするわけですよね。
そして、目の次に見る人が多い箇所が鼻です。

 

鼻は顔の中心にあるから

目を見た後に自然に目線が下がった位置に鼻があるということもありますが、鼻は顔の中心にあるので、その人の印象を大きく変えてしまいます。

 

もちろん、目や唇などもその人の印象を変える箇所ですが、顔の中心にあって誰でもすぐ目につく場所にある鼻こそが、その人を印象付ける操作をしているのです。

 

だから鼻の毛穴ケアは大切!

鼻が見た目を大きく左右すると述べましたが、「鼻が高い」や「鼻筋が通っている」から印象が良いとは限りません。

 

どんなに綺麗な鼻の形をしていても、鼻の毛穴が開いてその中に黒ずみがあると、その鼻の価値が下がるだけでなく、顔全体、肌全体の印象が変わります。

 

鼻の黒ずみを侮ってはいけない!

 

鼻の黒ずみだけならまだ良い方ですが、これが「いちご鼻」に発展してしまうと、その鼻の価値が一段と下がります。

 

「いちご鼻」と聞くと、自分には関係ないこととスルーしてしまう人も多いと思いますが、実は誰もが「いちご鼻」の予備軍と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、毛穴ケアの方法がネットやテレビ、雑誌などで沢山紹介されており、中には鼻の黒ずみを悪化させて、その結果「いちご鼻」になってしまった!という人も少なくないからです。

 

最初は単なる鼻の黒ずみだったのが、間違ったケアのために「いちご鼻」になってしまうなんて残念過ぎますよね。

 

いちご鼻は嫌われる!

顔や肌の印象が変わるだけならまだしも、不潔に見られる可能性もあるので、特にいちご鼻は嫌われるのです。

 

いちご鼻になっているだけで、生活習慣が乱れて不潔に見られるなんて嫌ですよね。

 

だから隠そうとする人も多いですが、いちご鼻はどうやっても隠しきれません。
それどころか、隠そうとしてファンデーションを重ねづけすると、いちご鼻が益々悪化して大変なことになってしまいます。

 

いちご鼻になってしまう理由

毛穴は身体中にありますし、顔の肌全体にももちろんあります。
ではなぜ、いちご鼻という名前が付く程、鼻だけに黒いブツブツができてしまうのでしょうか。

 

鼻の皮膚は硬いから

顔の肌と比較するとよく分かるのですが、鼻以外の皮膚はとても柔らかくて軽くつまむことができると思います。

 

逆に鼻は、皮膚が硬く厚いためにつまむことが難しいですよね。
この鼻の皮膚が硬いことと水分不足の状態が続くことで、他の肌よりも汚れが詰まりやすくなる傾向にあるのです。

 

たとえ毛穴に汚れが入っても、皮膚が柔らかければ柔軟性があるので、外に出しやすいのですが、皮膚が硬いと毛穴の中で固まってしまうので、そこから抜け出すのが大変になるのです。

 

毎日スキンケアを丁寧に行っていても、鼻の角栓は詰まりやすいので、黒ずみや「いちご鼻」になる人が多いのですよ。

 

皮脂の分泌が過剰になるから

このように書くと、毛穴に汚れが溜まらないように、クレンジングや洗顔をし過ぎる人が多いのですが、これも「いちご鼻」になる原因のひとつです。

 

クレンジングや洗顔のし過ぎは、必要な皮脂も洗い流してしまうので、皮膚が乾燥します。
皮膚が乾燥すると、それを補おうと皮脂の分泌が盛んになります。

 

過剰に分泌された皮脂や古い角質は角栓となって、毛穴の詰まりを起こすという訳です。

 

ターンオーバーの乱れから

肌が健康で、ターンオーバーの周期が正常であれば、古い角質は自然と剥がれ落ちて、新しい角質に生まれ変わります。

 

生活習慣の乱れや過度なストレスなどにより、肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が残ったままになり、それが皮脂と混じり合って、毛穴詰まりを起こし「いちご鼻」になってしまいます。

 

毛穴の角栓を無理やり取るから

ネットやテレビ、雑誌などで、ごっそり角栓を取り除く方法が紹介されていますが、実はこれが「いちご鼻」になる大きな原因です。

 

角栓を取り除くときの気持ちよさが病みつきになっている人も多いのではないでしょうか。
これは、肌を刺激することになり、色素沈着の原因にもなるので要注意です。

 

無理やり毛穴を広げて出すという行為により、毛穴開きが起こり、そこから雑菌が入り「いちご鼻」へ導いてしまいます。
毛穴の角栓を無理やりとることは絶対にやめましょうね。

 

だから「卵殻膜エキス」がおススメ

 

上記のような理由から、「いちご鼻」には卵殻膜エキスがおススメなのです。

 

なぜなら、卵殻膜エキスには、高い保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンを自然含有しているので、肌の奥までしっかりと潤いを与えることができ乾燥を防ぐことができます。

 

更に、美肌成分である18種類ものアミノ酸により肌のターンオーバーが正常化されるので、古い角質が剥がれ落ちてくれるので、毛穴詰まりを防ぐことができます。

 

卵殻膜エキスは、肌の弾力やハリを蘇らせてくれるのはもちろんですが、その効果が毛穴ケアに繋がり、「いちご鼻」の改善が期待できるという訳です。

 

その中でもビューティーオープナーがイチオシの理由

 

数ある卵殻膜エキス配合美容液の中でも、ビューティーオープナーは毛穴ケアに抜群!と話題になっているのは何故でしょうか。
実際の口コミを少しご紹介しますね。

 

  • ビューティーオープナーを使っていたら、お粉が毛穴に入り込まなくなった!
  • ビューティーオープナーを使い始めたら、毛穴がなくなった!1週間ぐらいで頬の周りの毛穴が全滅しました。
  • 肌にすばやく浸透して、一瞬でふっくら毛穴レス!みずみずしい肌に大満足♡
  • まだ数回しか使っていませんが、だんだんと毛穴が目立たなくなっています。
  • 肌にハリが出て毛穴が改善されています。

 

「ビューティーオープナー・毛穴」で検索すると、アットコスメさんやインスタグラム、ツイッターなどでも、このような沢山の口コミが出てきますよ。

 

なぜこんなにも毛穴ケアに抜群なのでしょうか。
その理由は、卵殻膜エキス以外の成分にも秘訣があるようです。

 

保湿成分が豊富に配合されているから

ビューティーオープナーには、卵殻膜エキスの他にも、乾燥毛穴にアプローチしてくれる保湿成分が豊富に配合されています。

 

 

ヒアルロン酸Na

水分の保持能力が高く、肌の角質層のバリア機能を高めてくれる

 

スクワラン

高い保湿性があり、乾燥や紫外線による外的刺激から肌を守ってくれる

 

バラエキス

香料としてだけでなく、保湿剤の1種

 

これらの保湿成分のお陰で、毛穴開きの原因にもなる乾燥を予防できるということです。

 

黒ずみを予防してくれる成分が入っているから

ビューティーオープナーには、毛穴の黒ずみにもアプローチしてくれる成分が配合されています。

 

 

それは、漢方薬でも使われている生薬のカンゾウ根エキスです。

 

カンゾウ根エキス

炎症を和らげる作用があり、メラニンを抑制する効果がある

 

毛穴の黒ずみの原因のひとつであるメラニンの蓄積を抑制してくれるので、毛穴の黒ずみにも効果を発揮します。

 

以上のような理由から、卵殻膜エキス配合美容液の中でもビューティーオープナーがおススメなのです。

 

ビューティーオープナーのいちご鼻に効果的な使い方

ビューティーオープナーを使っても、使い方を間違えてしまっていては効果が上がらないどころか「いちご鼻」が悪化することもあります。
ここでは、「いちご鼻」を改善するための効果的な使い方をご紹介しますね。

 

洗顔料の前に時々ホットタオルを使う

自宅サロンで行うフェイシャルエステでも欠かせないホットタオル。
「いちご鼻」の人は、毛穴に余分な皮脂や古い角栓が詰まっているので、それを外に出す必要があります。

 

そのためにホットタオルを使い、肌を温めることで毛穴が開き、汚れを落としやすい状態にするのです。
但し、毎日使うと肌に刺激があり、肌の乾燥も招いてしまうので、週に1~2回程度にしましょう。

 

洗顔料は優しいものを泡状にすること

ホットタオルで毛穴を開かせただけで汚れが落ちる訳ではないので、その後の洗顔がとても大切になります。
「いちご鼻」の人は、とにかく皮脂を落とさないと!という思いから、洗浄力の強い洗顔料を選びがち。

 

これが間違いの元で、「いちご鼻」の人は、皮脂を落とし過ぎないことを意識した洗顔が大切。
なるべく界面活性剤の量が少な目で、洗浄力が強くない洗顔料を選び、それを泡状にすることがポイントになります。

 

粒子の細かい泡で汚れを取るように意識しながら洗顔をするようにしましょう。
泡には汚れを吸い付ける効果があるので、ホットタオルで開かせた毛穴から効率よく汚れを取ることができますよ。

 

おススメなのは、100均で売っている「ホイップメーカー」。

 

 

こちらで泡立てると、、、

 

 

こんなにきめ細かい泡が作れます♪

 

 

手で集めるとこんな感じに。

 

 

泡立てる時の目安は、手の平に乗せて逆さにしても落ちないほどにすることです。
これをお顔に乗せるだけです。

 

ここまで、泡立てるのは手では困難ですよね。
でも、「ホイップメーカー」なら簡単に泡立てることができるのでおススメですよ。

 

洗顔後にすぐつける

ホットタオルで毛穴を開いて、泡状の洗顔料で汚れを取ったら、ビューティーオープナーの出番です。

 

一般的なスキンケアの順番は、『洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム』ですが、ビューティーオープナーは、『洗顔→ビューティーオープナー→化粧水→乳液→クリーム』のタイミングで使います。

 

洗顔後3分以内にビューティーオープナーを付けることがポイントで、洗顔後あまりにも時間が経ちすぎると、肌はどんどん乾燥していき、「いちご鼻」の原因になる皮脂が過剰分泌してしまいます。

 

乾燥する前に、すかさずビューティーオープナーで保湿をすることで、肌の奥まで潤いが届いて「いちご鼻」を改善することができます。

 

鼻には重ね塗りをする

ビューティーオープナーの箱に記載の適量は、“1~3滴(1円硬化大)”とあります。
顔全体に行き渡るように、手の平で軽く押さえるように馴染ませるのが基本の使い方です。

 

「いちご鼻」の人は、その後に鼻に重ね塗りをしていきます。
重点的に鼻に重ね塗りをしていくことで、鼻の皮膚に潤いとハリが戻り、きめ細かくなり毛穴レスになっていきます。
と同時に「いちご鼻」が少しずつ改善していきますよ。

 

化粧水→乳液→クリームで蓋をする

ビューティーオープナーは、1つで全ての役割を果たすようなオールインワンスキンケアではありません。

 

ビューティーオープナーを塗った後に、必ず化粧水で潤いを与え、乳液やクリームで潤い成分を閉じ込めることが必要です。

 

こちらもすぐに蓋をすることがポイントで、ビューティーオープナーを塗ってから時間が経ちすぎると、潤い成分が逃げてしまい余計に乾燥を招く結果になりますから注意して下さいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「いちご鼻」は汚れが原因なので、洗顔料でしっかり洗浄することが大切!と思われている人も少なくないと思います。
このような間違った思い込みのせいで、症状が悪化している場合がよくあるのです。

 

洗浄力が強すぎない洗顔料で、しっかりと泡立てて、泡で毛穴の汚れを吸着するように取り、その後にビューティーオープナーの卵殻膜エキスと保湿成分のパワーを入れることで、「いちご鼻」はみるみる改善していきます。

 

色んな洗顔料を使っても「いちご鼻」が改善しないと悩んでいる人は、この機会に是非ビューティーオープナーを試してみてはいかがでしょうか。

page top